学生時代から臭いに悩んでいます。。。

臭いが気になるようになったのは、学生の頃体育の授業で着替えていた際に脇から鼻につく様な強い臭いがしたことでした。 その場で制汗剤で臭いをケアしましたが、ケアをしても臭いが少し良くなった程度で、完全に消すことはできませんでした。 この悪臭が周囲に知られているような気がして、着替えるときが憂鬱に感じるようになりました。 なんか臭いと周囲が話していると、自分のことを言っていると思いこみ、脇をあげるような動作ができなくなりました。 臭いを気にするようになってから、ますます臭いが強くなっているような感じがして、スプレーなどの臭いケア商品を毎日何度も こまめに取り入れるようにすれば臭わなくなるかと考え、ケアを行ってみましたが、改善には至りませんでした。 脇に汗をかかないようにすればするほど、臭うなと感じた時よりも臭いがきつくなっているように感じられるようになり、 より臭いに対して敏感になり、臭いを消すことに必死な毎日を送っていました。 他人が近づいてくることにも恐怖を感じ、臭いが知られてしまうということで距離を置くようになって 人間関係にもヒビが入ってしまうこともあり、辛い毎日でした。 他の人からは臭いはしないのに、自分だけ臭うのはなんでだろうと常に考え、悩み苦しんだ経験です。

レデオス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です